読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の縁からこんにちは

いろんなことを書きます

上方漫才大賞奨励賞に寄せて

 M-1後から、ルミネtheよしもとでの舞台が多くなった。関西ローカルで生放送のレギュラー、ロケを多数抱える銀シャリは、関東と関西の往復が途端に増えた。

 銀シャリ関西テレビ『よ〜いドン!』で毎日コーナーを持っている。
 VTRのみ、5分くらいの出演だが、そのVTRを毎週5本用意することは大変だ。

 MBSちちんぷいぷい』では、街を歩く一般人に声を掛け、家に連れて帰ってもらうという内容のコーナーが週1回ある。
 18時までMBSで生放送に出演した後、そのまま翌週分のロケを敢行する。急にカメラを自宅に入れることを受け入れてくれる人は少なく、夜遅くまでロケが続くこともある。

 隔週で『銀シャリの炊きたてふっくらじお』という冠ラジオの収録も行う。

 橋本さんは『探偵!ナイトスクープ』の探偵としての仕事もある。全国から依頼が来るので、『探偵!ナイトスクープ』で1日が潰れることもある。

 鰻さんはABC『おはよう朝日です』というニュース番組の金曜日レギュラーだ。『おはよう朝日です』は6時45分放送開始。木曜日に関東で夜の公演をこなして、終電で帰ることもある。寝坊が怖いから、とABCに泊まって放送に挑む日もあるそうだ。

  NGK、よしもと漫才劇場、祇園花月ルミネtheよしもと等の劇場、地方での営業で漫才を披露しつつ、合間にはロケ、ロケ、ロケ。
 1日を費やしたロケが、放送では15分程度のこともあった。銀シャリは自分たちの出演番組を録画するので、打ちひしがれたこともあったのではと想像してしまう。

 「もう(大衆向けの)ネタがない」、「ロケ死する」。最近の銀シャリは、そんなことをよく口走っていた。

 しかし銀シャリは、新ネタ作りにも余念がない。月に1度、新ネタを披露するライブ『新米寄席』が大阪で行われている。
 『新米寄席』でのお客さんの反応を見たり、アンケートを読んだりして、よしもと漫才劇場やルミネtheよしもと、定期的に東京で行われる『うなちゃんなおちゃんのごきげんライブ』でネタを育てていく。

 『うなちゃんなおちゃんのごきげんライブ』では、ゲストの芸人さんが鰻さんの描いた似顔絵Tシャツを着ることが恒例になっている。つまり鰻さんは、漫才やロケの合間に、絵を描く時間も作らないとならない。


 「疲れている!」。最近の銀シャリを観て、真っ先に思うことだった。
 橋本さんの声がガラガラになったり、鰻さんの笑顔がくたびれたりしていた。


 このままでは銀シャリ過労死してしまうと本気で心配した。
 鰻さんに「タバコの差し入れをさせてください」とお願いしたら「そんなお気遣いはいいですよ」と断られそうになったが、「だって最近、疲れてるじゃないですか!」と押し切った。
 鰻さんは「ファンにバレてるようじゃ、ダメですね」と微笑んでくれた。


 『上方漫才大賞』の銀シャリのネタは、“いつものネタ”だった。「自己紹介」、「質の良い睡眠」、「日本昔話」、「テニス」。いろんなところで観たネタだった。
 『新米寄席』で練っている新しいネタは披露しなかった。

 “だからこそ”銀シャリは奨励賞を受賞できたのだと思う。
 様々なステージで、様々な客層を笑わせてきた“いつものネタ”だからこそ、「正統派漫才師」のイメージが強い銀シャリは会場で笑いを取ることができた。
 多種多様なロケに挑む銀シャリだからこそ、老若男女を笑わせることができた。


 最近の銀シャリは、つらかった。観ている私でさえ、つらかったのだ。本人の苦しみは計り知れない。


 今までの努力が、「上方漫才大賞奨励賞受賞」という結果を生んだのだ。
 「銀シャリの苦労が報われた!」。テレビの前で私は感激した。

 受賞の瞬間、橋本さんは鰻さんに抱きついた。抱きつくというよりは、タックルに近いくらいの勢いだった。
 心底嬉しかったのだろう。


 昨年の奨励賞に輝いたのは、学天即だった。
 2月11日に銀座で行われた橋本さんのトークショーで、「目標の芸人」の話題になった。「ブラマヨ小杉さん」、「フット後藤さん」、「やっぱり最終的にはダウンタウンさん」等の名前の中、1人だけ銀シャリよりも若手の芸人の名が挙がった。
 学天即の奥田さんだった。

 学天即は2014年に上方漫才大賞の新人賞を受賞。翌年2015年に奨励賞を受賞した。
 橋本さんはきっと、悔しかったのだろう。

 だからこそ、余計にタックルに力が入ってしまったのではないだろうか。



 銀シャリの2016年単独ライブ『逆襲のシャリ』が開催発表となったのは、上方漫才大賞の日。橋本さん曰く、「敢えてその日にした」とのことだ。
 それくらい、銀シャリは今回の上方漫才大賞奨励賞に賭けていた。強い思い入れがあった。

 青いジャケットを脱ぐか脱がないかで葛藤を続けている銀シャリだが、「上方漫才を背負っている」という意識は強い。奨励賞という形で、銀シャリは漫才に太鼓判を押してもらえた。


 嬉しい。ファンとして嬉しいし、本人たちが心底喜んでいることが嬉しい。

 銀シャリのつらい経験は、何一つ無駄ではなかった。銀シャリの2人に、心から「おめでとう」と言いたい。



 銀シャリの単独ライブ『逆襲のシャリ』は、ガンダムの『逆襲のシャア』のもじりだ。M-1グランプリ2015で2位だったからこそ、このタイトルをつけたと語っていた。

 青い彗星・銀シャリの「逆襲」はどんな結果になるのだろうか。ひたすら4分程度のネタを作り続ける銀シャリは、年末を見据えているに違いない。

 反撃の狼煙は上がった。ここから銀シャリがどのように闘っていくのか、見届けたい。

 『逆襲のシャリ』はNGKルミネtheよしもとで開催される。あなたも一緒に、逆襲の目撃者になろうではないか。