読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の縁からこんにちは

いろんなことを書きます

たららん

 「ファンの定義」とは曖昧だけれど、私の中では明確なものがある。あくまで私の中では、であるが、「変化を肯定できる人」がファンだ。その道を選択したことにより、何か変化が生まれる。その選択が吉となろうと凶となろうと、「変化した」行為を肯定できる人が、ファンなのではないか。変化しないコンテンツは死ぬ。極論ではあるが、「変わらないで」は「死んで」と類義語だと思っている。

 例えば、武勇伝から遠ざかりたくて必死で漫才やコントに勤しみ、チャラ男とバーターの時代を経て、結局武勇伝に戻ってきたと思ったら、「PERFECT HUMAN 」と歌い出すオリエンタルラジオ。いつも「どこに行くんだ!面白いな!今回もついていくよ!」と思った。今までもずっと楽しかったし、これからも楽しいだろう。私はオリエンタルラジオのファンだ。

 私はキングオブコメディのファンと言えるのだろうか。「キングオブコント2010」の前日は、緊張して緊張して、3時間余りしか眠れなかった。いつもは12時にはグッスリなくせに、「高橋さんが噛んだらどうしよう」、「高橋さんがネタをトばしたらどうしよう」と頭の中がグルグルして、時計の針はいつの間にか午前4時を指していた。「教習所」の冒頭で、頭が真っ白になった。優勝が決まった時は、涙を流して喜んだ。「これでキングは単独ライブを沢山やってくれる!」と舞い上がった。
 しかし、キングオブコントで優勝しても、彼らは単独ライブを開催しなかった。単独ライブどころか、新ネタをかけたという情報も得られなかった。隔週木曜日の「ニコニコキングオブコメディ」に、最初は心が躍った。しかしいつの間にか「ニコ動を撮る間に新ネタでも作ってくれないかな」に変わってしまった。私は「単独ライブをやらない」という彼らの変化を、何度も受け入れられず、何度も離れようと思った。でもついつい、テレビやライブでネタを観てしまう。昔のネタの細かい部分が変わっている。やっぱり面白いと実感する。そのタイミングで「ニコニコキングオブコメディ」を観ると、心の底から楽しくなる。
 肯定できなくなりそうで、離れようと試みる。でもやっぱり面白いから戻る。その繰り返しだった。私は「キングオブコメディのファン」と名乗る自信がなかった。

 2015年12月26日、変化は突然訪れた。高橋さんが窃盗罪で捕まった。20年もの間、繰り返し犯行を重ねていたという。29日に高橋さんは人力舎から解雇され、キングオブコメディは解散した。そしてその日、今野さんは金髪の写真をTwitter上に投稿した。30日、高橋さんが出演予定だった舞台に、今野さんが出演することが発表された。年が明けて1月4日には、「ニコニコキングオブコメディ」がネット上での公開を終了した。

 「変化した」というよりは「変化せざるを得なかった」だ。しかし私は今回の選択を、全て肯定できた。笑いながら、時に泣きながら、全て肯定できた。自分でも不思議なくらい、全部を受け入れることができた。

 小学6年生の時、痴漢にあった。当時私は無知すぎて、ただなんとなく「怖い」としか思わなかったが、今でもその光景は脳裏に焼き付いて離れない。20代に入り、性的ハラスメントにも悩まされた。訴えることができず、今も苦しんでいる。

 高橋さんの犯した罪を、私は許すことができない。しかし、罪を償ったら、後ろ指さされることなく、幸せに生きて欲しいと願っている。貴方は後ろを振り返ってしまう性格だろうから、悪意や野次に目が行くだろう。そんな時は、足元を見て欲しい。沢山の石が転がっている。石の下には気持ち悪いくらい大勢のダンゴムシがいる。「キングオブコメディのファンはダンゴムシ」は高橋さんの言葉だ。

 これから今野浩喜さんと高橋健一さんがどんな道を選択するのか、全く分からない。
 今野さんが役者の道に進んでも、仮に「R-1ぐらんぷり」に出場したとしても、私は肯定できる自信がある。
 高橋さんが罪を償い、一般人として暮らしていこうが、テレビには戻ってこられなくても芸人として生きていこうが、私は肯定できる自信がある。

 ああ、私は「キングオブコメディのファン」なんだ。こんな形で実感したくなかったけれど、キングオブコメディの大ファンなんだ。今までもこれからも、ずっとファンなんだ。今なら胸を張って言える。「キングオブコメディのファンです」と。

 今野浩喜さんに、高橋健一さんに、ネット史に刻まれた「ニコニコキングオブコメディ」に、そして大好きなキングオブコメディに、捧げたい歌がある。

 今野浩喜さんには、PUFFYの『フロンティアのパイオニア』を。
ー雨の日が続いたその後は いろいろ流れて大抵 毎回 晴れの日ー
ー問題ないぜ 問題ないぜ 遥かに遠くへ 走る 走る 想像通りで 見当違いで 前人未到へ 走る ひとり ひとりー

 高橋健一さんには、PUFFYの『ねじポーション』を。
ー不安な気持ちになります 不穏な空気も流れます いつも自分の居場所に 自信がないんですー
ー毎日毎日 忙しい 日々は回るけれど 離れ離れにならないように 全てが終わるまでー

 「ニコニコキングオブコメディ」には、PUFFYの『ハッピーバースデイ』を。
ー君とずっとハッピーバースデイ 出会えた奇跡を/僕にとってハッピーバースデイ 心から届けたい/君ともっとハッピーバースデイ 毎日が記念日/僕らずっとハッピーバースデイ これからもどうぞよろしく/ありがとう 出会えた奇跡をー

 そしてキングオブコメディにはPUFFYの『たららん』を。

 私は勝手に、PUFFYの『たららん』をキングオブコメディのテーマソングと決めていた。
ー手と手が 離れたならん またつなげばいいだけのこと なんです。ー